スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失業率、横ばいの4.9%=求人倍率は2カ月連続改善-2月(時事通信)

 総務省が30日発表した労働力調査によると、2月の完全失業率(季節調整値)は前月と同じ4.9%だった。一方、厚生労働省が発表した2月の有効求人倍率(同)は、前月比0.01ポイント上昇の0.47倍と2カ月連続で改善した。
 完全失業者数は前年同月比25万人増の324万人、就業者数は80万人減の6158万人だった。
 有効求人倍率はハローワークの求職者1人に何件の求人があるかを示す。このうち、正社員の求人倍率は前月と同じ0.29倍で、依然として低水準にある。 

【関連ニュース】
自殺者、6カ月連続減少=東海、北陸、関西は増加目立つ
半数以上「地方移管」を=国出先の仕分け結果
地方分権改革、早急実現を=最終会合で政府にクギ
景気「着実に持ち直し」=8カ月ぶり上方修正
新卒者支援策を周知へ=無料職業訓練など

特養の介護職員による吸引や経管栄養、一定条件で可能に(医療介護CBニュース)
<少年審判傍聴>遺族ら169人認める 制度開始から1年(毎日新聞)
普天間問題 日米実務者協議開始で合意(産経新聞)
足利事件無罪、捜査幹部「使命果たせず無念」(読売新聞)
えん罪防止に可視化導入を=千葉法相(時事通信)
スポンサーサイト

<10年度予算>24日に成立へ 参院本会議(毎日新聞)

 参院議院運営委員会は23日の理事会で、10年度予算案を24日夕の参院本会議で採決することを決めた。民主、社民、国民新の与党3党などの賛成多数で可決、成立する見通し。参院事務局によると、24日の成立は戦後5番目の早さとなる。

 10年度予算案は24日午前の参院予算委員会で、鳩山由紀夫首相と全閣僚が出席して締めくくり質疑を行った後に採決。その後、同日夕の参院本会議でガソリンの暫定税率の水準維持や、たばこ税引き上げを盛り込んだ税制改正法案などの予算関連法案とともに採決される。【鈴木直】

【関連ニュース】
自民:議員懇を拡大…立候補予定者も参加 4月上旬に
国家戦略室:ヒアリング記録「一切保有せず」 子ども手当
鳩山政権:09年度予算を検証へ 参院選へアピール?
参院予算委:小林議員辞職要求に首相「本人の意思の問題」
3閣僚遅刻:鳩山首相「緊張感足りない」

東京で桜開花=平年より6日早く-気象庁(時事通信)
<全日空機>副操縦士からアルコール検出 出発遅れる(毎日新聞)
<普天間>ヘリ部隊の訓練移転に難色 米太平洋軍司令官(毎日新聞)
県内限定の幕の内弁当を試食=熊本〔地域〕(時事通信)
「執行部は国民に謝罪を」 解任撤回で民主・生方氏(産経新聞)

浜松町駅で女性飛び込み 山手線全線で一時運転見合わせ(産経新聞)

 21日午後0時26分ごろ、東京都港区のJR山手線浜松町駅の内回りホームで、若い女性が線路上に飛び込んだ。女性は電車にはねられたとみられ、死亡したもよう。

 事故の影響で、同線は内回り、外回り全線で運転を見合わせていたが、午後1時12分に再開した。

【関連記事】
駅の自販機で缶コーヒーが無料でもらえる?
転落防止ドアで乗客の安全確保 山手線は全駅で設置へ
電車内の防犯カメラ 「設置に賛成」8割超
「青い光」、自殺予防の抑止力になるか? 検証までに時間必要
首都圏の鉄道は台風に弱い? 「安全」は評価だが防風柵など対策必要
20年後、日本はありますか?

【きぼうの未来へ】山崎直子さん初飛行(中)宇宙夫婦、夢がつないだ絆(産経新聞)
37歳長男をハンマーで殴り殺害容疑、父逮捕(読売新聞)
<窃盗>仏像2体が盗まれる…愛知・一宮の寺(毎日新聞)
首相動静(3月22日)(時事通信)
沖縄の民間ドクターヘリに寄付金 群馬県の菓子メーカー(産経新聞)

わいせつ雑誌を河原へ投棄、巡査長に罰金10万(読売新聞)

 佐賀県警の20歳代の男性巡査長が、河川敷にわいせつな写真が掲載された雑誌などを不法投棄したとして廃棄物処理法違反の罪で罰金10万円の刑事処分を受けていたことが分かった。

 県警は昨年11月2日付で巡査長を本部長訓戒としていたが、公表しなかった。

 県警監察課によると、巡査長は昨年5月30日ごろ、佐賀市内の河川敷にファッションや成人向けの雑誌など16冊、菓子の空き箱や請求書など計26点(重さ約11キロ)を不法投棄した。同6月9日、清掃活動していた住民が発見し、県警佐賀署に通報。同署は請求書のあて名などから巡査長と特定して廃棄物処理法違反容疑で書類送検し、佐賀区検が略式起訴した。巡査長は罰金10万円の略式命令を受け即日納付した。

 同課の聴取で巡査長は「昨年3月頃からゴミを私用車に積んでいた。河川敷にゴミが捨ててあったので、捨ててしまった」と話しているという。

 同課は「私的な行為の場合には停職処分以上で発表する」とする警察庁の指針に基づき、公表しなかったという。

ハイチPKO部隊を激励=隊長らとテレビ電話会談-北沢防衛相(時事通信)
<温室ガス25%減>原発稼働率88%必要 国環研試算(毎日新聞)
来週にも谷垣-与謝野会談 邦夫氏は「あわてない、急がない」(産経新聞)
外国人医師の規制撤廃、仙谷氏が検討表明(読売新聞)
東京で桜が開花 平年より6日早く(産経新聞)

幻冬舎元局長、懲役4年判決 横領事件、東京地裁(産経新聞)

 出版社「幻冬舎」(東京)の口座から計6120万円を不正に引き出し着服したとして、業務上横領罪に問われた同社の元管理局長、竹本和博被告(44)に東京地裁は15日、懲役4年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。

 判決理由で稗田雅洋裁判官は、被告が競馬のために横領を繰り返す一方、自社の経理システムに架空の売掛金を入力して犯行の発覚を防いでいたと指摘。「大胆かつ巧妙で極めて悪質な犯行。刑事責任は重大だ」と述べた。

 判決によると、竹本被告は平成20年10月から21年3月までの間、計34回にわたって幻冬舎の預金口座から計6120万円を引き出し、自分の口座に振り込むなどして着服した。

殺人容疑 2カ月長女を揺さぶり 母逮捕 大阪(毎日新聞)
両陛下と皇太子ご一家がご昼食(産経新聞)
<変死>両手をテープで縛られた男性 東京・国分寺の路上(毎日新聞)
<社民・国民新>与党間「調整機関を」 民主に申し入れ(毎日新聞)
天皇、皇后両陛下 ルーマニア大統領と会見(毎日新聞)

大阪市営地下鉄 ポイント替えず通過 脱線、衝突の恐れ(毎日新聞)

 15日午前5時50分ごろ、大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線の鶴見緑地駅で、構内のポイントが切り替わらなくなり、市交通局は同11時過ぎまで全線で運転を見合わせた。上下132本が運休し、約5万7000人に影響。市交通局は同日夜、本来通過できないポイントを無理に通過したことによるポイント故障が原因と発表した。

【写真で見る】大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線の事故

 運転指令が運転士に対し必要な指示をしなかった人為的ミスで、当該電車は、切り替わっていない別のポイントも通過。先行電車が停車中の線路に進入し、非常ブレーキで急停止していたことも分かった。国土交通省近畿運輸局は事態を重視し、同日、「衝突や脱線事故につながる恐れがあった」と市交通局を文書指導。原因究明と再発防止を求めた。

 市交通局によると、当該電車は大正発門真南行きの始発電車。午前5時27分ごろ、この電車に搭載されているATC(自動列車制御装置)が京橋駅付近で故障して停止。運転指令がATCを解除した上で、速度を落として注意運転をするよう指示したが、ポイントを切り替える作業を怠ったため、電車は不正常なポイントを2カ所通過した。

 鶴見緑地駅手前のポイントでは、進めないのに無理に進入した「割り出し」が発生。門真南駅手前では、1番線に入線すべきところ、乗客約20人を乗せたまま、先行電車が停車中の2番線に進入。この段階で運転指令が気づき、約70メートル手前で停止した。【石川隆宣】

【関連ニュース】
<脱線事故>東京・営団地下鉄で脱線衝突、乗客3人死亡 日比谷線中目黒駅(00年3月8日)
<脱線事故>写真で見るJR福知山線脱線事故(05年4月)
異臭:最新型「のぞみ」で 車輪の歯車箱破損 山陽新幹線
掘り出しニュース:スナック勤務の女性に“無料乗車券” 助役を処分
鉄道事故:東京・上野駅で男性転落 山手線など乱れる

漫画などの児童ポルノ規制 都、条例改正案を説明(産経新聞)
ラッコが暴食、漁協の育てたウニ3トン全滅(読売新聞)
<札幌ホーム火災>福祉施設の指導を都道府県に通知 消防庁(毎日新聞)
兵庫県副知事に総務省の金沢氏起用へ (産経新聞)
【ワイドショー通信簿】鳩山弟の自民離党 「さんざんな評判」の理由

<高校無償化>朝鮮学校除外は条約違反 人種差別撤廃委員会(毎日新聞)

 【ジュネーブ伊藤智永】高校無償化の対象から朝鮮学校を除外するのは、日本が1995年に締結した人種差別撤廃条約違反に当たるとして、条約の国際監視・審査機関である人種差別撤廃委員会が、15日にも日本政府に対し、改善を勧告する見通しになった。

 12日まで約1カ月間開かれていた同委員会では、2月24、25両日に9年ぶりに日本に対する審査も行われた。議題はアイヌ民族・在日外国人・被差別部落・琉球諸島など。

 勧告に法的拘束力はないが、同委員会は条約解釈の権限を持ち、各国を監視する最高機関。規定によると、各国は2年ごとの審査に向け、勧告内容の改善状況を報告しなければならない。

【関連ニュース】
高校無償化:朝鮮学校を除外 第三者組織で再判断 政府
高校無償化:朝鮮学校問題 国連委で議論
高校無償化:朝鮮学校対象にと要請書 外国人学校ネット
高校無償化:「朝鮮学校も無償化を」生徒らが署名活動--北九州
高校無償化:法案成立後、基準づくりを検討…鳩山首相

<シー・シェパード>メンバーの男を艦船侵入容疑で逮捕(毎日新聞)
高校無償化対象、文科相が判断=首相「国民が納得する結論を」(時事通信)
阿久根市長「駆け引きとマスコミへのお仕置き」(読売新聞)
「職業指導」義務化 模索する大学 専門教育との融合課題(産経新聞)
<火災>2階建て住宅全焼 男性の遺体発見 横浜市港南区(毎日新聞)

【二〇三〇年】第5部 日本はありますか(3)増える“日本人”(産経新聞)

 ■第二の人生「まだ3歳児」

 安室奈美恵似の小顔のフィリピーナと、東京都内のイトーヨーカドーで待ち合わせた。モニカ・アンヘレス・レオナルドさん(29)。結婚していない日本人男性(50)との間に生まれた2児について、男性の認知による日本国籍の取得を希望している。昨年1月施行の改正国籍法で可能になった手続きである。

 「パパが日本人なのだから、子供たちのために日本国籍を取ってあげようとしているだけ。私自身のためというよりも、あくまで子供たちのためです」

 モニカさんはルソン島の出身。12歳の時に父親を亡くし、母親は粗末な家で魚や野菜を売りながらモニカさんら9人の子供を育てた。2003(平成15)年、ブローカーから「1週間のダンサーの仕事がある」と誘われて観光ビザで来日。不法就労先の名古屋市内のパブで妻のいる男性と知り合い同居を始めた。

 長男(4)が生まれ、長女(2)を身ごもったころ、男性は離れていった。モニカさんは不法滞在のため入国管理局に摘発された。都内のNPO法人の支援で法相から、日本に特別に滞在できる「在留特別許可」を受け、現在は都内で生活しながら子供を認知してもらうよう男性と連絡を取っている。

 モニカさんは「今後は、父親が日本人なら子供のために日本国籍を取ろうとするフィリピン人女性は増えると思う。偽装認知する人もいると思う。フィリピンには日本で働きたい人が多いから」と語り、こうつけ加えた。

 「今は子供を育てることが人生の目標です。2人の子供のほかに、フィリピンにも4人の子供がいて母が面倒を見ている。そもそも日本に来たのは子供の養育費を稼ごうと思ったからでした」

 ◆横行する偽装認知

 かつて「日本人」になるには父親が日本人でなければならなかった。昭和60(1985)年から母親が日本人でも可能になり、今回の改正国籍法で母親が未婚の外国人であっても、20歳までに父親が認知すれば届け出だけで日本人になれるようになった。DNA鑑定も必要とされない。

 法務省によると、改正法に基づく国籍取得の届け出は昨年1年間で699人。うち年末までに548人が日本国籍を取得した。

 元警視庁警察官で作家の坂東忠信さん(42)は「改正法により一人の子供が日本人になると、その子供を養育するためとして、入管は同時に子供の母親へ定住者の在留資格を与えている」と指摘する。

 在留資格とは、外国人が日本に滞在し就労できる職種などを定めた制度。外交、医療など27資格あり、「永住者」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」の4資格は就労に制限がなく単純労働にも就ける。これらの資格ほしさの偽装結婚や偽装認知が横行している。

 坂東さんは「一人の赤ちゃんが日本人になることで、外国人のお母さんも日本人と同じように無制限に働くことができる。さらに定住者資格を持つ人は最短5年で永住者資格を得られる。もう一人の“日本人”が誕生することになる」。

 入管実務に詳しい東京都行政書士会の国際部長、古谷武志行政書士(42)によれば、「永住者や定住者の資格が認められるかどうかは時の政権に相当程度、左右される」という。

 古谷さんは「法相には大きな裁量権が認められており、仮に裁量権の逸脱だとして行政訴訟を起こしても100件のうち2件くらいしか勝てないでしょう」。

 社民党出身の千葉景子法相は不法滞在の外国人に在留特別許可を連発しており、定住者資格が認められたケースもある。その先には永住者という限りなく日本人に近い資格がある。

 民主党政権が地方参政権を付与しようとしているのは、この永住者・特別永住者に対してである。

 ◆チャイナタウン化

 東京・池袋駅の北口周辺は今、中国食材店や書店、旅行社、ネットカフェ、新聞社など中国系の商業施設約100店が集まる“チャイナタウン”と化している。中国食品店「陽光城」の副店長、張磊(らい)さん(33)は近年急増している永住を決めた中国人の一人だ。

 河南省の出身で、19歳だった1996(平成8)年、「日本の大学へ入れば、よい仕事ができる」と来日、東洋大学で学んだ。日中貿易の小さな商社へ就職したが2年で倒産、5年ほど前からこの店で働く。

 平成19年には日本国籍を取得した。中国人の妻(28)は永住者。張さんのように日本国籍を取る人は年間1万5千人前後と横ばいだが、永住者は急増し、20年末時点で特別永住者と合わせ91万人と全外国人の41%を占める。

 古谷行政書士によると、永住者資格はかつては20年以上わが国に住んでいないと認められなかった。だが10年ほど前、技能を持ち定住を望む外国人を社会に受け入れるためとして原則緩和されたという。永住者はその後、急増している。

 張さんに20年後の自身の姿を尋ねると、「去年買った中古マンションの35年ローンが残っているだろうから、一生懸命に仕事をしていると思う」と、日本人サラリーマンとまったく同じ答えが返ってきた。総額は1930万円。自身の来日と同じ平成8年築なのが気に入ったという。

 日本国籍の取得後、まだ投票に行ったことはない。

 「日本社会に関心が薄いので。私は日本で生まれてまだ3年、3歳児のようなものです。20年後、日本での人生でも成人を迎えたころには、関心も出てきていると思う」

無人の塗装工場が全焼 東大阪(産経新聞)
自民が「徴兵制」検討? =幹事長、即座に否定談話(時事通信)
調査捕鯨妨害 「昭南丸」侵入容疑で拘束の男逮捕へ 海保(毎日新聞)
トキ9羽死ぬ テンが襲撃、足跡から判明 環境省(毎日新聞)
エステ会社社長ら3人逮捕=無資格で光脱毛-兵庫県警(時事通信)

体持ち上げ、つるしたロープに=自衛官の自殺偽装事件-宮城県警(時事通信)

 宮城県亘理町で2000年8月、首つり自殺に見せ掛け、陸上自衛官高橋光成さん=当時(45)=が殺害された事件で、逮捕された仙台市の会社役員菅田伸也容疑者(31)=別の強盗殺人事件などで起訴=ら男4人が、暴れる高橋さんの体を持ち上げ、つり下げたロープに首を掛けて殺害したとみられることが5日、捜査関係者などへの取材で分かった。
 高橋さんの妻まゆみ容疑者(49)が事件当日、あらかじめ自宅の入り口を開けていたといい、県警暴力団対策課は、4人の侵入を手引きしたとみて、殺害の経緯や役割分担の解明を進めている。
 捜査関係者によると、菅田容疑者ら4人は同年8月6日、高橋さんが自宅で1人でいたところを襲い、つるしたロープに首を掛けるなどして殺害したとみられる。まゆみ容疑者は同日夜に帰宅し遺体を見つけた。 

【関連ニュース】
裁判員「性犯罪の刑軽すぎ」=未遂罪、求刑通り懲役7年
裁判員「車で片道5時間」=選任前日から判決まで連泊
新たに男ら逮捕、首謀格か=4200万強盗容疑
保険金、容疑者で分け合う=妻が受取人、1億数千万円
韓国へ捜査員派遣=代理処罰を要請

【ゆうゆうLife】要支援→要介護 ケアマネ交代 家族もへとへと(産経新聞)
朝鮮学校関係者と面会検討=鳩山首相(時事通信)
クラビットの有効成分を3倍にした点眼剤を承認申請―参天(医療介護CBニュース)
岡田外相が北海道訪問 政権発足半年、北方領土進展なし(産経新聞)
<自民党>「ベテランはTV遠慮を」中堅から不満(毎日新聞)

首つり偽装で自衛官殺害=容疑で妻ら5人逮捕-検視で「自殺」と誤認・宮城県警(時事通信)

 首つり自殺に見せ掛け自衛官だった夫を殺害したとして、宮城県警暴力団対策課は3日、妻ら5人を逮捕した。県警は検視で殺人を見抜けず、当初、自殺と判断していた。 

【関連ニュース】
男性被告が首つり自殺=山口刑務所
那智勝浦町長が自殺=自宅で首つり
指名手配の男、首つり自殺=仙台の「女性死体遺棄」事件

五輪閉会式視聴率10.7%=関東地区(時事通信)
個所付け問題 首相が前原国交相の処分を検討(産経新聞)
<北教組事件>会計書類一部処分か 地検が捜索、見つからず(毎日新聞)
<釜山行き高速船>故障で2時間立ち往生 博多発(毎日新聞)
茨城空港 採算は視界不良 定期便2路線で11日開港へ(毎日新聞)

<弁護士>報酬を過大徴収…業務停止4カ月の懲戒処分 愛知(毎日新聞)

 愛知県弁護士会は6日、弁護士報酬を過大に受け取ったとして、同会所属の深見章弁護士(66)を業務停止4カ月の懲戒処分にしたと発表した。処分は2日付。

 同会によると、深見弁護士は04年8月、強制わいせつ事件の被告の父親から弁護依頼を受け、弁護活動時間1時間当たり5万円の報酬で合意。その際、100時間以内で終了するとの見通しを伝えながら400時間を超え、05年6月までに計5回にわたり、計約2192万円の報酬を受け取った。【式守克史】

【関連ニュース】
詐欺容疑:国選弁護費用を水増し請求、弁護士逮捕 岡山
詐欺:弁護士を逮捕…接見回数水増し報酬詐取容疑 岡山
脱税容疑:弁護士、会計士ら逮捕 土地取引で7.7億円
日弁連:「第三者委」でガイドライン
弁護士:09年の懲戒処分76件 過去最多に

遭難の男女3人発見=自力で歩行-宮城・山形県境の船形山(時事通信)
<仙谷戦略相>NPOへの寄付促進…「税額控除方式」に意欲(毎日新聞)
自宅に放火、母親を殺害容疑で男を逮捕 父親の葬式めぐりトラブルか(産経新聞)
男が放火か、民家全焼=夫重体、妻も重傷-京都(時事通信)
高校無償化、除外に反対=都内の朝鮮学校視察-社民(時事通信)

津波警戒で官邸対策室設置=鳩山首相「準備万全を」と指示-政府(時事通信)

 政府は28日、チリ中部沿岸で発生した大地震を受けて、午前8時30分に日本への津波に関する官邸対策室を首相官邸内の危機管理センターに設置した。また、鳩山由紀夫首相は関係省庁に対し、「津波の状況について情報収集を行い、住民の避難と、被害を最小限とするための準備に政府として万全を期すこと」と指示した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
【特集】ハイチ大地震取材体験記~被災地の1週間~
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
〔写真特集〕ハイチ大地震
太平洋沿岸に大津波警報発令へ=最大で高さ3メートル予想

<鉄塔倒壊事故>関西電力を捜索 業務上過失致死傷容疑で(毎日新聞)
水木さん生家も妖怪観光の名物に…案内標柱設置(読売新聞)
独法の事業仕分け、PMDAを含め「聖域なし」―枝野行政刷新相(医療介護CBニュース)
鳥取不審死の元ホステス、2件目強殺容疑で逮捕状(読売新聞)
首相動静(2月25日)(時事通信)

【名言格言の味わい】真味のような平凡が大切(産経新聞)

 「●肥辛甘(じょうひしんかん)は真味(しんみ)に非ず、真味は只これ淡なり。神奇卓異は至人に非ず、至人は只これ常なり」

 中国・明代末の儒者、洪自誠「菜根譚」

                   ◇

 菜根とは、文字通り野菜の根のこと。「人、菜根を咬み得ば、百事倣(な)すべし」との言葉からとったという。粗末な食べ物ばかりの貧困な生活の中にこそ、大事を成し遂げる素地が作られるという意味だ。

 洪自誠(1573~1615年)は俗世間から離れ、人との交わりを避けるように山林に庵を設け、隠者のような生活をしていたらしい。そして儒教を学ぶ人たちと語り合い、水辺で漁師らと詩を吟じる日々を送ったという。

 紹介した言葉の文意は、濃厚な味付けの料理は本当の味ではなく、真味とはあっさりとしてしつこくない味付けだ。人も同じで、優れた人とはその道を究めた人ではなく、平凡なだけの人なんだと説く。淡々と平凡に生きることを旨とした洪自誠らしい表現だ。

 彼の主張は儒者らしく清廉潔白そのものだ。「道徳に棲守(せいしゅ)する者は一時に寂寞(せきばく)たるも、権勢に依阿する者は万古に凄涼たり。達人は物外の物を観じ、身後の身を思う」とも記す。

 真理を住み家とする者は、ある時は不遇で寂しい境遇となるが、権勢におもねへつらう者は、一時は栄えてもいずれは寂しく痛ましい。達人は世俗を超越した真実を見て、不朽の名声を得るというのだ。地位や名誉、財を得ることの空(むな)しさを強調し、世俗の垢(あか)にまみれた生活をきっぱり否定した。

 筆者もそんな生き方にあこがれることもあるが、煩悩にとらわれた凡夫の身とあっては、とても実行できそうにない。(板坂洋司)

●=酉へんに農

津波警報に切り替え=大津波警報の東北3県-気象庁(時事通信)
<完全失業率>4.9% 0.3ポイント改善 1月(毎日新聞)
インサイダーでテークス社の実質的経営者ら3人逮捕(産経新聞)
「駄々っ子みたい」 山岡氏、自民の国会戦術を批判(産経新聞)
普天間移設で国民新・下地氏「決着先延ばしなら議員辞職」(産経新聞)

「不思議な話ではない」=日銀の国債引き受け-亀井金融相(時事通信)

 亀井静香金融・郵政改革担当相は2日の閣議後の記者会見で、「日銀が(国債を)大量に引き受けて財源を一時的に確保するということは何の不思議な話ではない」と述べ、日銀が国債の直接引き受けをすべきだとの考えを改めて強調した。
 日銀の国債引き受けは財政法で禁じられているが、亀井金融相は「こういう(厳しい)財政状況の場合においては、大きな仕組みを考えないと、ちまちましたことではやれない」と指摘。「日銀と政府が経済対策のために車の両輪として機能していく、その一つとして検討するべきだ」と求めた。 

拡張型心筋症 沙也さんの募金が目標額達成 心臓移植へ(毎日新聞)
<TBS>「THE NEWS」打ち切りへ 視聴率伸びず(毎日新聞)
ヨットも沖合に避難「チリ地震津波が教訓」 宮城・石巻(産経新聞)
軽自動車逆走、車と衝突=伊勢道で3人死傷-三重(時事通信)
専門学校設立名目で600万詐取=容疑で元校長逮捕-警視庁(時事通信)

電話でドン!

電話でドン!(でんわでドン!)は1982年10月から1983年9月に放送された朝日放送の生放送でのクイズバラエティー番組である。本項ではその続編として1983年9月から1985年3月に放送された生クイズ・夫婦でドン!(なまクイズ・ふうふでドン!)についても紹介する。概要この番組は、当時としては画期的な双方向アンケートシステム「サーチホン」を取り入れたクイズ番組として行われた。一般公募で選考されたモニター家庭に対し、毎回ある設問に関して、プッシュ回線の電話機を繋いでいる視聴者に2-3の選択肢の中から1つを選んで投票する(この時、「朝日放送です。お答えをどうぞ」というメッセージの後にプッシュボタンを押す)。回答者はそれの中からどれが1位票を集めるかを推理して答えるというものだった。番組開始当初は乾浩明(当時朝日放送アナウンサー)と笑福亭鶴瓶(落語家)が司会を務め、「乾・鶴瓶の電話でドン!」として放送したが、その後1983年7月に鶴瓶がスケジュール上での都合により降板し、代役を立てずに乾だけの単独司会となり、題名も「乾 浩明の電話でドン!」となる。この当時は俳優やお笑いタレントなどが回答者を務めていた。その後1983年9月からアシスタントに永井由起子が加わり、夫婦限定の視聴者参加型の番組として「生クイズ・夫婦でドン!」として放送された。かつて放送された「夫婦でドンピシャ!」と同じ夫婦4組による対抗戦となった。基本的なクイズ方式は前述の「電話でドン!」と同じだが、トップ賞を獲得したチームにはハワイ旅行や、賞金2倍、国内旅行券、賞金没収を賭けた迷路風のゲーム「ウォーターシュート」に挑戦する権利があった。主なクイズ近似値クイズ3択関連番組わいわいサタデー(当項の番組で使用されたサーチホンが、同番組の女性なんでもコンテストの審査にも使用された)放送枠の移り変わり 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E8%A9%B1%E3%81%A7%E3%83%89%E3%83%B3!」より作成カテゴリ: 朝日放送のクイズ番組隠しカテゴリ: テレビ番組に関するスタブ

両陛下、メキシコ大統領夫妻と会見(時事通信)
トキ 求愛の「枝渡し」確認 3歳の雄と1歳の雌 佐渡(毎日新聞)
「第2の氷河期作らない」経団連・連合が声明(読売新聞)
地元住民と初の意見交換=八ツ場ダム中止問題で-前原国交相(時事通信)
囲碁棋聖戦、山下棋聖が1勝返す(産経新聞)
プロフィール

Author:まつばやしあつしさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。