スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電話でドン!

電話でドン!(でんわでドン!)は1982年10月から1983年9月に放送された朝日放送の生放送でのクイズバラエティー番組である。本項ではその続編として1983年9月から1985年3月に放送された生クイズ・夫婦でドン!(なまクイズ・ふうふでドン!)についても紹介する。概要この番組は、当時としては画期的な双方向アンケートシステム「サーチホン」を取り入れたクイズ番組として行われた。一般公募で選考されたモニター家庭に対し、毎回ある設問に関して、プッシュ回線の電話機を繋いでいる視聴者に2-3の選択肢の中から1つを選んで投票する(この時、「朝日放送です。お答えをどうぞ」というメッセージの後にプッシュボタンを押す)。回答者はそれの中からどれが1位票を集めるかを推理して答えるというものだった。番組開始当初は乾浩明(当時朝日放送アナウンサー)と笑福亭鶴瓶(落語家)が司会を務め、「乾・鶴瓶の電話でドン!」として放送したが、その後1983年7月に鶴瓶がスケジュール上での都合により降板し、代役を立てずに乾だけの単独司会となり、題名も「乾 浩明の電話でドン!」となる。この当時は俳優やお笑いタレントなどが回答者を務めていた。その後1983年9月からアシスタントに永井由起子が加わり、夫婦限定の視聴者参加型の番組として「生クイズ・夫婦でドン!」として放送された。かつて放送された「夫婦でドンピシャ!」と同じ夫婦4組による対抗戦となった。基本的なクイズ方式は前述の「電話でドン!」と同じだが、トップ賞を獲得したチームにはハワイ旅行や、賞金2倍、国内旅行券、賞金没収を賭けた迷路風のゲーム「ウォーターシュート」に挑戦する権利があった。主なクイズ近似値クイズ3択関連番組わいわいサタデー(当項の番組で使用されたサーチホンが、同番組の女性なんでもコンテストの審査にも使用された)放送枠の移り変わり 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E8%A9%B1%E3%81%A7%E3%83%89%E3%83%B3!」より作成カテゴリ: 朝日放送のクイズ番組隠しカテゴリ: テレビ番組に関するスタブ

両陛下、メキシコ大統領夫妻と会見(時事通信)
トキ 求愛の「枝渡し」確認 3歳の雄と1歳の雌 佐渡(毎日新聞)
「第2の氷河期作らない」経団連・連合が声明(読売新聞)
地元住民と初の意見交換=八ツ場ダム中止問題で-前原国交相(時事通信)
囲碁棋聖戦、山下棋聖が1勝返す(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まつばやしあつしさん

Author:まつばやしあつしさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。